2021/05/28

【6/10】ファンケル、「SDIシステム」のセルフチェック開始

 

 ㈱ファンケルは(神奈川県横浜市、島田和幸社長)は6月10日、健康食品と薬の飲み合わせを案内する「SDIシステム」のインターネットによるセルフチェックを可能にする。

 

 同システムは、2004年に導入した。安心・安全に健康食品を利用してもらうために、同社の健康食品約120種類と、日本で処方・販売されている薬、約3万種類の飲み合わせを検索するシステム。

 現在は、同システムによる情報を、相談者に対して電話で提供しており、年間の利用件数は約2万5,000件で、サプリメントに関する相談の約20%を占めている。利用者は、薬の服用率が高い 50代~70 代が中心という。医師監修のもと、同社の専門部署「学術・SDIグループ」が、常に最新の学術文献などをもとに情報を更新している。

 

 どの成分が干渉しているかなど、セルフチェックの結果を詳しく知りたい場合は、専門窓口の「サプリメント相談室」に電話することで丁寧に案内する。あわせて悩みを聞き、代替製品も案内する。

 

 同社では、「今後も、SDIシステムなどをさらに改良し、健康食品を安心・安全に利用してもらうためのサービスを強化していく」としている。

 

※利用はコチラから ※6月10日午前10時から利用可能

 

(冒頭の写真:検索画面(イメージ))