2021/04/30

マスクの選び方、つけ方(1)

緒方 裕理

 

マスクの選び方

 マスクには複数の種類があります。最近はおしゃれなマスクも増えていますが、感染予防という観点では機能性に劣るケースも少なくありません。そこで、マスクの種類や選び方について解説します。

 

マスクの種類

 まず選び方の前にそもそもどのような種類のマスクがあるのかをご紹介します。

 

 ●家庭用マスク

   不織布マスク

   布製マスク

   ウレタンマスク

 ●医療用マスク

 ●産業用マスク

 

 まず家庭用マスクには3種類あります。不織布マスクは折っていない布のマスクで、家庭用マスクの中ではウイルスを通す隙間が狭いです。とはいえ後述する医療用マスクほどではありません。

 

 次に布製マスクはガーゼや綿織物で作られたマスクです。洗濯できるというメリットがありますが、ウイルスが入り込みやすいというデメリットがあります。ウレタンマスクは発泡繊維で作られたマスクで、ファッション性が高いという特徴があります。

 

 今出回っているおしゃれなマスクの多くはウレタンマスクです。次に医療用マスクはサージカルマスクとも呼ばれます。ドラッグストアなどに置かれている、もっとも一般的なマスクです。産業用マスクは工場などで使われる特殊なマスクです。

 

どのマスクを選べば良いのか

 選択肢としてベストなのは、医療用マスクです。サージカルマスクとも言われます。理由は単純で、コロナの感染予防にもっとも効果的だからです。家庭用マスクの方がおしゃれなデザインは多いですが、感染予防の観点ではサージカルマスク一択でしょう。

 

 また見た目という点でも、最近はサージカルマスクがベストだということは浸透していて、家庭用マスクの問題点も指摘されています。多くの人が家庭用マスクの問題点を把握した上でサージカルマスクを使っているので、人によっては家庭用マスクに良くない印象を持っているでしょう。

 

 家庭用マスクをつけていると良くない印象を持たれる可能性もあるので、最近は見た目の観点でもサージカルマスクが良いかもしれません。

 

マスク選びの注意点

 マスクの種類選択については上記の通りですが、同じサージカルマスクでも選び方の注意点があります。それは、なるべく白色が良いということです。黒色のマスクなどは着色しているので、呼吸の際に余分な成分を吸い込むリスクがあります。

 

 あえて黒を選択する理由は特にないかと思うので、白色を選択するのがベストでしょう。着色方法によっては機能面で問題ない可能性もありますが、判断が難しいので白色を選択しておくのが一番確実です。

 

(つづく)