大手食品営業マン「山笠太郎」のヒソヒソ話

 

 

 

 

 

山笠太郎

 

1960年生まれ、高度成長期のコテコテ東京下町育ち。ノンポリ三無主義全盛のなか、怠惰な学生生活を5年間過ごした後、大手食品メーカーにモグリ込む。社内では、独特の営業感でごく一部の熱狂的信奉者の支持を得て存在感をアピール。4年間に及ぶ博多単身赴任生活の経験から、博多山笠は日本一の祭りであると信じて疑わない。















2020/07/01

金歯の秀さん(2)