2021/03/01

日本調剤の青汁100万杯突破で価格改定

 

 日本調剤㈱(東京都千代田区、三津原庸介社長)は1日、PB商品『日本調剤の青汁』の累計販売数が100万杯を突破したとして、本日から価格を改定すると発表した。

 

 対象商品は、『日本調剤の青汁』と『――赤汁』(2個セット、3個セット、5個セット)、『日本調剤の青汁』と『――赤汁』セット(各1個)。いずれも定期便初回分の価格が、通常1箱3,240円(税込)のところ、初回配送分を1箱1,500円(税込)、2回目以降は3,240円(税込)で販売する。定期便の購入に期間の縛りはない。

 

<改定後の価格(税込)>

・2個セット(青汁・赤汁共通)

 初回配送分は3,000円(2回目からは4,860円)

・3個セット(青汁・赤汁共通)

 初回配送分は4,500円(2回目からは6,804円)

・5個セット(青汁・赤汁共通)

 初回配送分は7,500円(2回目からは1万530円)